スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.08.17 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

提携ローンについて

JUGEMテーマ:住宅ローン

 提携ローンについての説明です。

マイホームを持ちたいという人は少なくないようです。
この頃は不況のあおりをうけて金利も下がってきており、住宅が買いやすくなっています。


政府も内需拡大を支援しており、住宅ローンの優遇措置もあります。
住宅ローンを使わずに家やマンションを買えるという人は多くはありません。
たいていは住宅ローン融資を受けることで自分の家を持ちます。


住宅ローン融資を行っている金融機関は、民間の銀行や公的機関である住宅公庫など、色々なところがあります。
不動産業者や建築会社がローンの仲立ちになり、提携先の金融機関からの住宅ローン融資を勧めることがあります。
多くの場合は、提携ローンは銀行の扱う住宅ローンとなっていることが多いようです。


提携ローンは業者が仲立ちをしてくれるので手続きが手軽です。
提携ローン以外のローン融資を受けるなら、自力で各金融機関の貸し付け条件を比較検討しなければなりません。


提携ローンを使えば他社の検討をしなくてもいいですし、業者を介したやり取りができるようになります。
かなり簡単にローンの手続きを終えることができます。
提携ローンは審査も比較的甘く、利用者が多いのもそれが一因です。


購入する側だけでなく、売る側にしても提携ローンで確実に支払いができるようになることは有益なことです。


主婦のキャッシングには法改正が締め付けに

JUGEMテーマ:キャッシング

 キャッシングが貸金業規正法の改正により、しにくくなるという意見をよく耳にします。

専業主婦でキャッシングを利用していた人で、家族に黙って使っていたという場合は借りにくくなりました。
貸金業規制法が改正されたことで、借入総額の規制がかけられました。
専業主婦業にある人はまとまった収入がありませんから、収入額に応じて借入金額の限度が決まるという今回の法律改正では大きな影響を受けるのです。


改正前は主婦でも気軽にキャッシングができ、給料日前などのやりくりに活用していた人も大勢いました。
改正により、証明書など必要書類がなければ主婦はお金が借りられません。


自分自身の収入がない代わり、主婦はキャッシングを使うために夫の収入を証明する源泉徴収票などが必要書類に含まれます。
その人物と婚姻関係にあることがわかる証明書も必要となります。
配偶者自身がキャッシングをすることを認めるという文書も必要な書類に含まれます。


主婦が気軽にキャッシングを利用することはできなくなり、厳しい審査と煩雑な書類の提出がキャッシングでは求められるようになりました。
主婦のキャッシング利用が難しくなったことによって、家の人間には何も言わずに融資を受けていた主婦が破綻することは少なくはなります。


主婦を顧客にしていた金融会社にとっては、あまりうれしくない法改正ともいえるでしょう。


法改正でキャッシングへの影響

JUGEMテーマ:キャッシング


 キャッシングは法改正の影響を受けています。

景気の落ち込みが続いていること、収入が激減した人が増加したことから、キャッシングの利用者は増加しています。
各種のローンだけでなく、キャッシングなど個人を対象とした融資が手軽にできるようになったため、多重債務者の問題も深刻化しています。
背景には出資法と利息制限法の間のグレーゾーンと呼ばれる高金利の影響も指摘され、自己破産する人も年々増加しています。


非合法の金貸しの存在もバックにはあります。
政府はキャッシングの取り締まりのため、これまでも色々な形で法律改正を行ってきました。


貸金業規正法も一部が改正されました。
グレーゾーンも撤廃され、金利も上限20%に統一されました。


今回の改正により、ヤミ金融など規定に反する行為や許可のない貸金業には罰則も強化されています。
今までは出資法により最高29.2%の金利が付けられていたのと比べ、改正後は金利も低くなりました。


キャッシングがしやすくなったかといえば、実はそうとも言い切れません。
今回の改正で注目すべき点に、過剰貸し付けの抑止があります。
お金の借りすぎ防止のための法改正により、法律の制限の範囲内を越える金額を新たに借りることが難しくなりました。
今までは簡単な審査で気軽にキャッシングでできたのに、改正後は審査がより厳しくなり借りられる金額にも上限があるので、注意が必要です。


キャッシング利用の見直し

JUGEMテーマ:キャッシング

 
キャッシングを申し込んだ人の年収の3分の1を越える金額を融資の上限額に設定しないようにという法律が、2010年6月から適用されています。

キャッシング会社などを対象とした貸金業法という法律が2006年に改正され、段階的に適用されているのです。
近年特に深刻化している多重債務者の問題に法律で抑制をかけているといえるでしょう。


この法律が適用されることで、今まで使っていたクレジットカードのキャッシング機能やキャッシングカードでの新規融資ができなくなることもあるようです。
利用可能額の範囲内であれば何回でも利用できるなどの利便性がありました。
複数のカードローンやキャッシングを常時使っているという人も少なくありません。
法律の規制が入ったことによって、年間の収入の3分の1をオーバーするような限度額設定は、認められなくなりました。


カードローン、キャッシングともに借入金の合計金額として扱われます。
この法律が適用されたことにより、多重債務状態の人が自己破産や債務整理になりやすい可能性があります。


弁護士や法律のプロへのキャッシングに関する相談も増えています。
多重債務状態に陥ってしまった人や、キャッシングの使いすぎで自分の手に負えなくなったという人には、国や地域、法律家の無料相談などがあります。


複数のキャッシング会社からお金を借りていて、返済にどうにも行き詰まってしまっているなら、この法改正の機会にプロのアドバイスを受けるのもお勧めです。


これからのキャッシングの利用方法

JUGEMテーマ:キャッシング


この頃は、法律の専門家がキャッシングや多重債務の相談に乗ってくれる無料の電話窓口が存在します。

この頃は、キャッシングの返済に行き詰まったり多すぎる借金を抱えてしまったなどの相談をするため、弁護士など法律家を頼る人が多くなっています。
今回のキャッシングの利用に関する法律改正は、多重債務者を増やさないための対策と考えられます。


現在キャッシングは銀行やローン会社、消費者金融など多くの企業のクレジットカード、キャッシング専用のカードローンなどで取り扱っています。
キャッシングやクレジットカードに関するメディア広告も数多く、新聞や雑誌の広告、電車の中吊りなどあちこちにあります。
気軽にキャッシングはできるものという認識が広まっているようです。
年々多くの人が、キャッシング融資を受けています。


多重債務の陥ってしまった場合には、無料相談などを行なう法律事務所や機関を利用することをお勧めします。
法律に精通した人たちが、個別の事例に即した債務整理方法や、自己破産の方法などを教えてくれることでしょう。


キャッシングの法律改正が適用されたのは2010年6月からです。
新規のクレジットカードやキャッシングの申し込みは、難しくなると考えることができるでしょう。


カードローンやキャッシングを繰り返し利用することも法律により難しくなると考えられます。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

キャッシング

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:81 最後に更新した日:2010/08/17

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

結婚