スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.08.17 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

キャッシングの法改正

JUGEMテーマ:キャッシング

 
法律の改正に伴い、キャッシングの状況も変わりつつあります。

新たなキャッシング利用法律改正が2010年6月から適用となりました。
まず融資限度額に関する制限として、貸付限度額は年収の3分の1以下とすることが明確に規定されました。
新しい融資に対して適用されますので、以後は1/3より多い融資はできません。


クレジットカードのキャッシング枠や、カードローン会社から発行されたキャッシングカードで手軽にキャッシング利用ができます。
この頃の景気の悪さを受けて、カードローンやクレジットカードを使う人が増えてきています。
中には、いくつものキャッシングを一度に利用したために返済が難しい状態になったという多重債務者もいるようです。


借りたお金を返すあてがないため、違うキャッシング会社から融資を受けて返済にあてるという堂々巡りの対策もあり、法律が改正となりました。
多重債務者を多くしないことが、新たに適用された法律が目指すところとなっています。

現時点でのキャッシング返済が多すぎて返済ができないからと、新規のキャッシングローンを組んで一層生活が苦しくなるという状況の打開のためです。

多重債務になってしまうと、月々の返済が収入をオーバーしてしまいます。
多額の借金を抱え込み、のっぴきならない状態になってから取り返しのつかないことを招いてしまわないよう、この度の法律の改正がされたというわけです。


キャッシングを使うメリット

JUGEMテーマ:キャッシング

 
金利0とは利息が全くつかないという意味です。

金利0のキャッシングを扱う金融会社が増えていますが、それでやっていけるのでしょうか。


初回利用時だけ利息がつかないというキャッシングは存在します。
ただし、ずっと利息がつかないという意味ではないようです。


無利息である期間はキャッシングによって異なってきます。
利用する際にはよく調べておく必要があるでしょう。
利息がかかってくる前に返せる見込みがはっきり立っているなら、キャッシングを利用することにも意味があるといえます。


自分のお金でも、ATMを使って引き出す時は、手数料を払わなければならないことがあります。
週末に3万円ほど必要になったとき、銀行で引き出せば105円の手数料を取られます。
もしも週明けの月曜日に返済できる目途がついているのなら、キャッシングを利用して借りて返済した方が、2日間でかかる利息は31円ほどです。


無利息キャッシングなら金利はかかりません。
キャッシング会社の専用のATMを使えれば、振り込みもノーコストでできます。
貯金から自分のお金を切り崩すより、キャッシング利用の方が安上がりということがあるのです。


キャッシングに重要なことは、このように使い方に合わせた工夫をして融資を受け、そして返済をすることです。
金銭を用立てる必要が出た時は、キャッシングの意味を考えた上でその良さを引き出せるような工夫を考えましょう。


キャッシングの法律上の矛盾

JUGEMテーマ:キャッシング

 キャッシングと金利は切っても切り離せない関係にあります。

金利には法律による制限が課せられていますが、それには意味があります。
金利上限は出資法によって制限されています。
貸金業者は、この出資法の範囲内で金利を決めているといえます。


出資法では、1年につき金利が29.2%を超えないようにとされています。
この数字は、100万円の融資を一年間受けた場合、最も多い時の利息が29万2,000円になることを意味します。


この他に利息制限法という法律あるので、法律の範囲内でお金を貸す場合は利息制限法も守らなくてはなりません。
いくらの融資に対していくらの金利まで認めるか、利息制限法では詳しく決まっています。


利息制限法では、金利上限は15%です。
この数字は、1年間の間100万円の借り入れをすると利息が15万円つくというものです。
出資法は29.2%であり、利息制限法は15%です。
この互いに矛盾する数字のことはグレーゾーン金利いわれ、長年にわたって問題視されていました。


出資法には、利息制限基準法に対する違反を守る意味が含まれていることになるわけです。
グレーゾーン金利については、2010年6月に出資法の上限金利が20%に下げられることにより消滅しました。
法律が見直されることで、これまでは違反ではなかったクレーゾーン金利が違反行為扱いになったということが今回の件の意味するところです。


返済時にトラブルが起きないようキャッシングと金利の意味は抑えて起きましょう。


キャッシングの意味

JUGEMテーマ:キャッシング

 キャッシングの元となった英語のキャッシュは、現金という意味です。

テレビや公告など、キャッシングの宣伝を目にすることも珍しくなくなり、知名度もアップしているようです。
キャッシングとクレジットとはどのような違いがあるのでしょう。


キャッシングとは、一定の決められた範囲内でお金をかりられる仕組みを意味します。
クレジットとは掛け売りのことで、限度額以下であれば商品の決済ができます。


クレジットカードを利用する時は、そのカードの加盟店になっている店でなければなりません。
一方、どんな店でもキャッシングならば借りたお金で支払いをするだげなので、制限はありません。


銀行が取り扱っているキャッシングと、信販会社が扱っているキャッシング、そして消費者金融会社によるキャッシングと3系統があります。
各金融会社によって借入時の金利が決まっており、金利に応じた利息を返済ににつけて支払うことになります。
どのキャッシング会社から融資を受けるかで金利は違います。
金利に伴って返済金額は変わりますので、金利はキャッシング会社選びのかなめにもなります。


近年のキャッシングはとても便利になっています。
無担保で保証人不要のキャッシングに頼りすぎて、借金が高額になる方もいます。


返済までの目途を立ててからキャッシングを使うこと、手軽さゆえに意味無くお金を借りていないかじっくり考えることが重要です。


利率を考えキャッシング

JUGEMテーマ:キャッシング


 キャッシングと利率についてです。

以前はごく一部の人しか縁がないものでしたが、最近は多くの人がキャッシングを利用しており、低金利での融資が可能な点も魅力です。
利率0%キャッシングとは、無利息キャッシングともいい注目を集めています。



利率のかからないキャッシングは、短期の小口融資であるなら充分に活用できます。
キャッシングでの融資は、いきなりお金が必要になってしまった時や、数日後の給料日までもう一頑張りしたい時、医療費がいきなりかかった時など、とっさの対応ができるものです。



この頃のキャッシングは申込みから融資まで早いことがとりえで、借入をしたい時にすぐに手元にお金が入ることがあります。



キャッシングで融資を受けられる金額とは、審査の結果に基づいて1人1人に利用限度額が決まることが多いようです。
身近なATMなどを利用して、すぐに低利率でのキャッシングが利用可能です。



カード会社の場合リボルビング払いにすれば、月々の支払いの負担も軽減できます。
少し高い買い物をするときには大いにメリットがあります。
各キャッシング会社や返済の方法によっても違いますが、利率はおおよそ10%〜20%です。
最近はキャッシング会社こぞって、キャンペーンのように低利率を宣伝しているので比較してみるのもいいでしょう。



キャッシングは使い方やタイミングによっては、ATMの手数料より好条件の利率で融資を受けられることもあるといいます。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

キャッシング

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:81 最後に更新した日:2010/08/17

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

結婚