スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.08.17 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

利率0%のキャッシングについて

JUGEMテーマ:キャッシング

 利率不要でキャッシングが使える場合があります。

キャッシングを使っても返済に利率がつかないというものが、最近注目されています。
一定期間など条件内であれば、借りたお金に一切利息がつかないというものです。


貸し付け条件の中に、返済が30日間以内なら利息がつかないという会社から10万円を借りたというケースがあります。
所定の30日以内返済ができれば、無利息という取り決めに従って返済総額は10万円ちょうどです。


利率0%で貸付を行っているキャッシング会社は、お金を貸しても全く利益が出なかったことになります。
キャッシング会社からすれば、捨て身の覚悟で顧客獲得に走ったことになります。
1円の利益さえも取らなくても、リピーターとしてまたキャッシングを利用してもらうことが利率0%キャンペーンの本当の狙いです。


銀行系やカード会社と比べ、消費者金融系の会社は過去のイメージから新規の顧客がなかなか付かないものです。
また、銀行系や信販系のキャッシングカードは買い物にも使えるものもありますが、消費者金融系はそういった点での利便性がないという弱点も抱えています。


利率0%というおいしい話で顧客に申込みをしてもらい、カードを作ってもらう。消費者金融系のキャッシング会社は長く使ってもらえる客を得るため、一時的な儲けを放棄したわけです。


キャッシング会社によって、どういった時に利率を0にするかはかなり違います。
2度目の借り入れからは通常通りの利率がつくところや、借り入れ期間が7日間以内というところもあります。


キャッシングと利率

JUGEMテーマ:キャッシング

 キャッシング選びには利率が大事です。

この頃は、キャッシングの貼り紙や宣伝広告を見る機会が多くなってきたようです。
金融会社は互いに競争をして、新たな顧客の増大をはかっているといいます。


しばらく前まで、キャッシングとは後ろ暗いもの、人生を踏み外すきっかけのように考えられていました。
この頃ではキャッシングも珍しくなくなり、10人に1人がキャッシングを使ったことがあるといいます。


グレーゾーンという金利が存在し、法律の上限ぎりぎりでの貸付が行われていた頃もありましたが、それらの法律もすっきりしました。
上限利率が明確化されたことも、安心してキャッシングができるようになった理由の一つにあげられます。


キャッシングを活用する身としてはいい話として、2007年に法律が変わったことで、それまでよりも有利な利率でのキャッシングが行われるようになり、借り入れがしやすくなりました。
グレーゾーンのめいっぱい上での貸付は29.2%にもなりましたが、2012年以降は20%以上の利率では貸付ができません。


今では、銀行や消費者金融、信販会社など、様々な形態の金融会社がキャッシングを取り扱っており、互いに競っています。
キャッシングを有効に使って、限りのあるお金を利率とやりくりしながらいかに使いこなすかが今の世では求められます。


キャッシングは、扱い方によってはお金を有効に使うツールとなります。
キャッシングは身を持ち崩すきっかけになるだけという思いこみは持たず、利率などを客観的な目で見ましょう。


銀行系キャッシングの審査内容

JUGEMテーマ:キャッシング

 
銀行系キャッシングにも審査は、他のキャッシングと同様にあります。

銀行がバックにあるという安心感や低金利での融資がある反面、銀行系キャッシングは、審査に通りにくいというのが一般的です。
銀行系キャッシングの審査を理解し、申し込みの段階で思わぬ失敗をしてしまわないようにしましょう。


銀行系は、一度審査を通れば、限度額の範囲内であれば何度でも融資を受けられますので、とても使いやすいキャッシングなのです。
基本的な審査の考え方は、信販系や消費者金融系と同様です。
月々の安定した収入が、正社員や派遣社員、契約社員などである人ならば何も心配はありません。
無職の場合は、審査は通らないと考えていいでしょう。


審査にかなり通りやすくなるのが、他社のキャッシングを利用していない場合です。
キャッシング会社はが調べることができるのは、融資の申し込みをしてきた人が現段階でいくらの融資を受け、何カ所へ返済をしているかということです。


他社借入件数が2件以上あるなら、新たに銀行系キャッシングを利用するのは困難です。
過去に延滞トラブルや返済に関して問題を起こしたことがあるという人もいるでしょう。


今までの記録が残っている限りは、銀行系のキャッシング審査はとても通るのが難しいでしょう。


銀行系キャッシングのメリット

JUGEMテーマ:キャッシング

 銀行という存在による安心感と低い金利での借り入れができることが、銀行系キャッシングの魅力ではないでしょうか。

銀行系キャッシングの金利は13%〜18%と、他のキャッシングより総じて低金利の傾向があります。
低金利の融資ができるのは、銀行の持つ資金がそもそも多いというのがその理由です。
まず銀行系キャッシングを、金利を安く抑えたいという人は検討してみてはいかがでしょうか。


銀行系キャッシングはこれまで低金利ではあっても身近なものではなく、審査に通るのが難しいというイメージを持たれていました。
その印象が近年ではだいぶ変化しています。


消費者金融会社やクレジット会社と提携し、そのやり方を取り入れることで使いやすいキャッシングサービスをすることが可能となったのです。


返済トラブルを起こしたことがある方や、他のキャッシング会社からの借り入れを行っている方の審査は、難しくなるでしょう。
融資の申し込みや手続きは、とくにいままでのキャッシングに問題なければ、他のキャッシング会社とそれほど違いはないでしょう。


他のキャッシング会社からの返済を一本化するおまとめローンとして利用することも、利用限度額も高いことにより可能なものもたくさんあります。
銀行系キャッシングはとにかく金利が低いのがメリットです。


銀行系キャッシングで複数のローンを一本化することで総返済額を減らすことができるわけです。


銀行系キャッシングについて

JUGEMテーマ:キャッシング

 
キャッシング会社を分類すると、銀行系や信販系、消費者金融系などになります。

銀行系というのは、消費者金融会社ではなく銀行が主体となって運営しているもの、銀行と同じグループや子会社が行っているもののことをいいます。
スルガ銀行や三井住友銀行は、銀行自体がキャッシングを扱っているようです。
銀行と同じグループがキャッシングサービスを取り扱っているのが、三菱東京UFJ銀行のDCキャッシュワンというものです。


銀行は基本的に企業にお金を貸してその利息で運営しているわけですが、個人融資も行うようになってきたというわけです。
近年では景気が悪く設備投資を控えている企業が多いため、銀行からの借り入れを控えているという現状があります。
逆に、不況や消費者金融のイメージは改善しているといえるでしょう。


気軽にお金を借りることができるキャッシングの利用者は増加しているといえます。
キャッシング業界に銀行が参入してきた理由がよくわかります。


本質的には銀行系キャッシングは、消費者金融系のキャッシングとなんら変わりはありません。
銀行は金利が、豊富な資金を持っているので低く設定されており、利用限度額を高く設定できるようです。


審査にかかるスピードも、銀行キャッシングは最近消費者金融のノウハウを利用しているため、速くなっているそうです。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

キャッシング

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:81 最後に更新した日:2010/08/17

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

結婚