スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.08.17 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

担保ローンの利点と注意点

JUGEMテーマ:住宅ローン

 担保ローンの中でも、不動産担保ローンを組む際のメリットとデメリットを上げてみようと思います。

ローンを扱う金融機関によって、貸し付け条件や上限額は多種多様です。
いずれの金融機関にも共通していえることは、希望金額に比較して担保の価値が高い場合は、金利条件や限度額の条件が良くなる傾向があることです。


借り入れ条件は、返済能力やお金の使い方の影響を受けます。
無担保ローンの融資に比べる借入額が多いということはいえるのではないでしょうか。


担保を立てるローンで気をつけたい点として、手続きや登記の面でお金がかかったり手続きが難しい場合があります。


不動産担保ローンの弁済権は、優先的に扱われるようになります。
債務者が行使できる権利の内容が、無担保ローンの場合は有担保ローンより強いということも多くあります。
遅滞してしまうと最終的には競売に掛けられ売却という事にもなってしまうので注意しなければなりません。


ローンを組む時に担保を立てるとどんな長所があり、どんな短所があるのか、あらかじめ認識しておくことが重要になってきます。
無理をしてローン融資を受けると、返済が難しくなって生活に支障が出る場合もあります。


最初から最後まで自分一人で決定するのではなく、担保ローンを組む時は家族や専門家と相談を重ね納得の上で利用してください。


担保ローンの選び方


 
担保ローンの選び方についてです。

担保ローンでも不動産担保ローンを利用する場合、不動産を担保として借り入れができる商品のことを言います。
債務者本人の所有する建物や土地を担保にすることもできますが、名義担保の提供があれば他人のものでも担保に使うことが可能です。


土地など不動産の担保があれば資金を貸す側としては返済が困難になってもリスクが軽減されます。
無担保ローンに比べると金利が低く、借入額の上限が大きく、まとまった資金を借り入れできます。
返済完了まで長期になるローンもできるので、月ごとの返済金額を少なく設定できます。


無担保ローンなどに抵抗がある方や、複数のローンがありまとめて支払いをして毎月の負担額を軽くしたいという方もいるでしょう。
不動産担保ローンは、色々なローンの中の選択肢の1つと見なすことができるでしょう。


不動産担保ローンの融資条件は、金融機関などによっていろいろあります。
金利も固定や変動の違いがあったり、融資の使い方や、個人か事業主かによっても条件には違いがあります。
どの金融機関がどんな条件で貸付を行っているか、担保の条件は何かなど、不動産担保ローンの利用には把握しておきたいことが色々あります。


わかりにくい点や確認したい点はしっかりとチェックして、プランをきちんとした上で担保ローンを組みましょう。


担保ローンについて

JUGEMテーマ:住宅ローン

 担保がなければ利用できないローンを知っていますか。

一旦借りたお金が何らかの理由で返済できなくなった時のために用意しておくものが担保です。
債権者が弁済の確保などあらかじめ確保の為に、債務者に提供させる対象が担保になります。
支払が困難になった場合に代えて、担保による支払いを行う事だといえるでしょう。


担保には物的と人的があります。
人的担保とは、返済不能に陥った債務者に変わって第三者が返済を行うことになります。
土地や建物を担保にするものが物的担保です。
返済不能に陥っても債権者が資金回収できるように、返済ができなくなった場合に受け渡すことが取り決められているものです。


住宅ローンなどは、おもに融資住宅や敷地などが担保物などになり抵当権が設定される場合があります。
物的担保を立て、住宅ローンを組むというパターンが、住宅ローンでは大半です。
担保として用意した敷地や住宅の評価が高いものではなかったために、融資の限度額に制限が入るという場合もあるようです。


いずれの場合でもいえることですが、ローンを利用する場合は、完済まで無理なく計画的に進められるような準備を整えましょう。
融資を受けておきながら返済不能状態に陥ってしまうと、一歩間違うと現在の生活すら失ってしまうこともあります。


担保ローンは甘い見通しで立てないように気をつけてください。


住宅ローン借り換えの基準

JUGEMテーマ:キャッシング

 自身の住宅ローンの金利について興味を持つことが借り換えでは必要です。

金利条件次第で、借り換えによって総返済額がどれだけ減らせるか決まるわけですから、借り換えをするなら金利は大事です。


ローンの借り換えにはいろいろな手間がかかります。
金利の差がどの程度あれば、借り換えで得するのでしょうか。
簡単な基準としては、返済の残りが10年以上かつ1000万円以上で、金利は1%以上違ってることです。


少しでも金利が低くなるのなら、借り換えをした方がよいと思う人もいるのではないでしょうか。
借り換えといっても様々な手数料や手間賃がかかると考えられます。
最終的に借り換えによって金銭的に得ができる境界線としてあるのが、金利差1%、残りは10年以上かけて1,000万円以上返すという状況です。


登記費用、事務手数料、保証料などがローンの借り換え手続きに必要です。
このような費用は50万円はかかると見込んでおきましょう。


近年ではネット銀行で扱っている住宅ローンも増えてきていますが、そちらの手数料はいくぶん少ないということもあります。
繰り上げ返済手数料に関しても、インターネット主流系では無料としています。
月に何度繰り上げ返済をしても手数料が無料です。
長期固定なのに、かなりの低金利であるのも魅力です。


返済の見通しを立てつつ、使いやすそうなローンに借り換えるようにしましょう。


住宅ローンの借り換えについて

JUGEMテーマ:キャッシング

 借り換えで住宅ローンを賢く使っている人がいます。

住宅ローンを借りている人で一度借りたローンを同じ条件でずっと返済していかなければならないと思っている人が少なくありません。
住宅ローンは、借り換えることなどで諸条件を変更することができます。


例をあげると10年前にマンションを買った人は、住宅金融公庫の金利が2%という過去最低水準だったので、全額を金融公庫で借りられました。
借入時の金利が2%でも、金融公庫の金利は11年目から段階的に上昇しますので、以後は年率4%で住宅ローンの支払いを続けることになってしまいます。
月々の返済も11万円だった時より2万円以上増えてしまったため、住宅金融公庫から民間金融機関に借り換えたいという事態になります。


住宅金融公庫より1%低い金利で借り入れができれば、その分だけ得になります。
金利が1%安くなることによって毎月の返済が1万円ずつ減るなら、残り35年間のローンは合計400万円ほど返済総額が減額される計算になりますので、とても魅力的といえます。


例では、金融公庫から民間の住宅ローンに借り換えたというものですが、別の例もあります。


変動金利制ではなく固定金利制で高金利の時代に住宅ローンを組んでいたという方もいるでしょうが、そういう場合も借り換えが役に立ちます。
固定金利の住宅ローンをずっと利用していると、高くなりやすいようです。


長期間、固定金利でローンを組んでいる人は、自分が何%の金利で借りているのかを確認し借り換えを検討しましょう。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

キャッシング

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:81 最後に更新した日:2010/08/17

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

結婚